no murder, yes life
名探偵ポワロ

スペイン櫃の秘密|ポワロ27【あらすじ・感想・考察・ネタバレ】

4.0
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が表示されます

 名探偵ポワロ第27話「スペイン櫃の秘密」のあらすじとネタバレ、トリック解説、感想・考察です。ポワロがオペラ会場で再会した夫人は、友人の女性が夫に殺されるのではないかと憂慮していました。

スポンサーリンク

あらすじ

ポワロはオペラ劇場でチャタートン夫人と再会。夫人は、友人のマーゲリートが夫に殺されるかもしれないとポワロに相談する。ポワロは夫のエドワード・クレイトンに会うため、リッチ少佐の開いたパーティーに参加するが、当のエドワードはパーティーをキャンセルしていた。目的を果たせなかったポワロであるが、翌日、パーティー会場のスペイン櫃の中からエドワードの死体が発見される。一方、ポワロは、チェストの中の切りくずや、死体のポケットに入っていたドリルという証拠を掴みます。さらに、自殺未遂を図ったマーゲリートから、マーゲリート自身は夫エドワードの死を望んでいたという事実を知らされます。そして、ポワロはマーゲリートを逮捕し、大々的に報道します。

 被害者のエドワードはパーティーには出席していませんでしたが、カーチス大佐と会った後、パーティー開始前に会場であるリッチ少佐のもとを訪ねていました。エドワードは櫃のある部屋に入ったようですが、執事によれば彼は帰宅したようです。しかし、執事は帰宅したときのエドワードを目撃したわけではありません。なお、パーティーにはカーチス大佐も出席していました。

 パーティー主催者のリッチ少佐には、マーゲリート・クレイトンとの不倫が噂されていました。警察はリッチがマーゲリートを手に入れるために、夫のエドワードを始末したと断定し、リッチを逮捕します。マーゲリートも、リッチとの不倫関係を否定しますが、彼女は日ごろ、リッチに夫の死を望んでいるという内容を話していました。この話を本気にしたリッチが夫を殺してしまったと思い込み、マーゲリートは自殺を図ります。

 ポワロは櫃の穴や中に残された切りくず、死体のポケットに入っていたドリルなどを証拠を掴み、真相にたどり着きます。そして、自殺を図ったマーゲリートを逮捕し、このニュースを世間に報道させます。

スポンサーリンク

ネタバレ

 犯人はカーチス大佐です。実はカーチスもマーゲリートを狙っていました。カーチスはエドワードが妻の不倫を疑っていることを利用して、パーティーの最中、櫃の中で妻を見張るように助言していました。つまり、被害者は自ら櫃に入っていました。被害者がもっていたドリルは櫃に穴を開けるための道具で、このドリルを使用したため、櫃には穴と切りくずが残されていました。被害者が開けた穴は殺害にも利用されます。カーチスはパーティーの最中、何気なく櫃に近寄り、杖に仕込んだ剣を穴に突き刺し、エドワードを殺害しました。

 ポワロがマーゲリートを逮捕したのはカーチスをおびき出すための罠です。目的だったマーゲリートが逮捕されたと知り、カーチスはポワロを呼び出します。そして、剣で刺し殺そうとしますが、リッチ少佐が現れ、カーチスのポワロ殺害を阻止します。

スポンサーリンク

トリック

 犯人の目的は女性を奪うことにありました。この女性の周囲には二人の邪魔な男がおり、この二人を犯人はいっぺんに片付けようとしました。その計画が、一人を殺し、もう一人にその罪を着せるというものでした。犯人は計画を成し遂げるため、殺される方の男が、その妻と罪を着せられる男の不倫を疑っているという状況を利用します。

櫃の中の被害者

 犯人は不倫の現場をおさえるという口実をつくって、被害者を櫃の中に閉じ込めました。罪を着せられる男の家を訪れた被害者がその場から消えてしまえば、家の中で何かがあったと思わせることができます。

考察

 巧妙な計画だったと思います。決定的な証拠がなかったので、ポワロはマーゲリートを逮捕するという罠を張ったのだと考えられます。切りくずやドリルから、被害者自ら櫃に入ったということは推理できそうですが、これらの証拠は犯人に直接結びつきません。

お誘い

 殺害しようとする人物を何かに誘い殺すというのは、ミステリーの中で、よくあると思います。狂言自殺に誘って本当に殺害、狂言誘拐に誘って本当に……など、共犯関係にある人物を殺害するというのが多いです。このエピソードは、不倫の証拠を掴む方法に関するアドバイスだったので、少し違います。

感想

なぜ被害者はスペイン櫃に入っていたのかという疑問に対して、その解答がわかりやすく納得できる内容でした。湧き上がった知的な好奇心を十分満足させることができたように思います。

スペイン櫃の櫃は「ひつ」と読むのですが、私は櫃とは無縁の人生を送ってきたようで、このポワロの作品に初めて触れたとき、読めませんでした。「はこ」かな、と思いましたが、「ひつ」でした。とはいえ、櫃も箱も実物は似たようなものなので、肉を切らせて骨を切った感じです。(?)

チャールストン

ポワロが満を持して披露した華麗な踊りはチャールストンというステップのようです。キレのある踊りに笑ってしまいました。wikiなどによると、チャールストンは1920年代にアメリカで流行した踊りらしいです。イギリスでも流行ったということなのか、ポワロがアメリカナイズされているだけなのかよくわかりませんが、とにかく面白かったです。なお、下記の「Charleston — Original Al & Leon Style!! – Youtube」という動画で、ポワロが踊っていたと似たダンスが登場しています(白黒動画です)。

まとめ

 名探偵ポワロ「スペイン櫃の秘密」について、あらすじ、真相のネタバレ、トリック考察および解説、感想・雑談をご紹介しました。

The Mystery of the Spanish Chest
項目 内容
シーズン 3
エピソード 8
放送日(英国) 1991年2月17日(日)
放送日(日本) 1992年4月2日(木)
出演者 キャスト一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました