no murder, yes life
名探偵ポワロ

エンドハウスの怪事件|登場人物・キャスト・ネタバレ【ポワロ11】

この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が表示されます

 「エンドハウスの怪事件」のあらすじ、登場人物とキャスト、感想です。4回命を狙われた女性が5回目で誤って友人が殺害されてしまうエピソードです。

Peril at End House
項目 内容
シーズン 2
エピソード 1
長さ 103分
放送日(英国) 1990年1月7日(日)
放送日(日本) 1990年8月11日(土)
原作者 アガサ・クリスティー
スポンサーリンク

あらすじ

ネタバレ注意

 エンドハウスで暮らすニックという愛称の女性が4度も命を狙われる。ニックが怪我を負うことはなかったのだが、5回目でついに死人が出てしまう。殺されたのはニックのいとこ・マギーで、ニックと似たような恰好をしていたため、間違えて殺されたようだった。当初、ニックを狙った動機は不明だったが、実はニックはお金持ちと婚約していたことが判明する。そしてついに、ニックも毒殺されてしまう…。

マギーを殺したのはニックだった。お金持ちと婚約していたのはマギーであり、ニックはマギーに成りすまして財産を手に入れるため、マギーを殺害。自分の命が狙われているようにみせて、マギーが間違って殺されたように偽装していた。つまり、ニックが4回命を狙われたというのは自作自演だった。

毒殺されたようにみえたニックだが、実は生きている。死んだふりは遺言状を見つけ出すためのポワロの計画だった。遺言状を隠し持っていたのはエンドハウスの別棟で暮らしているクロフト夫妻だった。そして、チャレンジャー大佐は麻薬を密輸し、それを売りさばいていた。

登場人物

事件関係者は以下の通りです。ポワロ、ヘイスティングス大尉、ジャップ警部、ミス・レモンは省いております。

名前 キャスト 説明
マグダラ”ニック”バックリー
Magdala ‘Nick’ Buckley
ポリー・ウォーカー
Polly Walker
スタイルズ荘の主
命を狙われた女性
マギー・バックリー
Maggie Buckley
エリザベス・ダウンズ
Elizabeth Downes
被害者
ニックのいとこ
ジョージ・チャレンジャー
George Challenger
ジョン・ハーディン
John Harding
中佐
ニックの友人
ジム・ラザラス
Jim Lazarus
ポール・ジェフリー
Paul Geoffrey
ギャラリー経営者
ニックの友人
フレデリカ・ライス
Freddie Rice
アリソン・スターリング
Alison Sterling
ニックの友人
バート・クロフト
Bert Croft
ジェレミー・ヤング
Jeremy Young
エンドハウス別棟の住民
ミリー・クロフト
Milly Croft
キャロル・マクレディ
Carol MacReady
バートの妻
車椅子の女性
エレン
Ellen
メアリー・カニングハム
Mary Cunningham
スタイルズ荘のメイド
チャールズ・バイス
Charles Vyse
クリストファー・ベイネス
Christopher Baines
弁護士
ニックのいとこ
スポンサーリンク

感想

命を狙われていた女性が実は犯人だったというビックリ仰天なトリックです。ミステリーに慣れていない状態で視聴した場合は、かなり印象に残る作品ではないかと思います(私はそうでした)。自分の命が狙われているようにみせておいて標的を殺し、誤って殺されたようにみせるというトリックだけではなく、動機についても驚愕の真実が待っていたりします。ミステリーをいろいろ鑑賞していると、何度も命を狙われたのに無傷というのがすごく怪しく思えてしまいます。ただし、動機はわかりません。犯人はなんとなく予想できても動機を正確に当てるのは難しい、そんな感じです。

最後、ミス・レモンがなんちゃって霊媒をします。ポワロさんの無茶ぶりが面白いですが、パワハラにみえなくもないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました