no murder, yes life
ホームズ

シャーロック・ホームズの人気投票ランキング【おすすめエピソード】

この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が表示されます

 コナン・ドイル原作の“シャーロック・ホームズシリーズ”について、海外と国内の人気投票やコナン・ドイルの自選ベストなどをまとめています。コナン・ドイル自身が執筆したホームズの作品は長編と短編合わせて60作品あります。ここで紹介するランキングは全てこの60作の中から選ばれております(自選ベストは例外です)。

 60作のうち、長編は4つで、残りの56作は短編となっています。短編は5つの短編集に全て収録されています。最初の短編種が“シャーロック・ホームズの冒険”で、その後に“シャーロック・ホームズの思い出”、“シャーロック・ホームズの帰還”、“シャーロック・ホームズの挨拶”と続きます。そして、最後の短編集が“シャーロック・ホームズの事件簿”となります。

スポンサーリンク

海外

 海外のランキングとして、The Best of Sherlock Holmesというサイトのランキングを紹介します。ランキングは長編と短編に分かれており、短編はベスト12となっています。

長編

 1位はバスカヴィル家の犬です。後述の国内ランキングでもこの長編が1位となっています。国内外問わず人気の作品といえます。

順位 タイトル 備考
1位 バスカヴィル家の犬 長編3作目
2位 四つのサイン 長編2作目
3位 緋色の研究 長編1作目
4位 恐怖の谷 長編4作目

短編

 1位はまだらの紐です。短編集としては“冒険”に収録されている作品が多く、この傾向は日本のランキングにもみられます。ランクインした12作の内訳は、“冒険”が5、“思い出”が3、“帰還”が3、“挨拶”が1、“事件簿”が0となっています。

順位 タイトル 備考
1位 まだらの紐 シャーロック・ホームズの冒険
2位 赤毛組合 シャーロック・ホームズの冒険
3位 ボヘミアの醜聞 シャーロック・ホームズの冒険
4位 白銀号事件 シャーロック・ホームズの思い出
5位 青いガーネット シャーロック・ホームズの冒険
6位 マスグレーヴ家の儀式 シャーロック・ホームズの思い出
7位 最後の事件 シャーロック・ホームズの思い出
8位 空き家の冒険 シャーロック・ホームズの帰還
9位 踊る人形 シャーロック・ホームズの帰還
10位 六つのナポレオン シャーロック・ホームズの帰還
11位 ブルース・P設計図* シャーロック・ホームズの挨拶
12位 唇の捩れた男 シャーロック・ホームズの冒険
*ブルース・Pは“ブルース・パーティントン”の略
スポンサーリンク

国内

 国内のランキングは日本シャーロック・ホームズ・クラブのランキングを紹介します。過去に3回投票が行われており、いずれも、1位はバスカヴィル家の犬、2位は赤毛組合となっています。長編はバスカヴィル家の犬が人気のようです。一方、短編は短編集“シャーロック・ホームズの冒険”に収録された作品が多くランクインしています。

 ランキング常連(過去3回の人気投票に必ず入っている作品)となっているのは、バスカヴィル家の犬、赤毛連盟、まだらの紐、ボヘミアの醜聞、緋色の研究、四つのサイン、踊る人形です。

1979年(昭和54年)

 1位と2位は1992年と2012年も同じです。1979年は4つの長編が全てランクインしています。なお、短編集“思い出”や“事件簿”の短編はランクインしていません。

順位 タイトル 長編/短編集
1位 バスカヴィル家の犬 長編
2位 赤毛組合 シャーロック・ホームズの冒険
3位 まだらの紐 シャーロック・ホームズの冒険
4位 緋色の研究 長編
5位 ボヘミアの醜聞 シャーロック・ホームズの冒険
6位 踊る人形 シャーロック・ホームズの帰還
7位 唇の捩れた男 シャーロック・ホームズの冒険
8位 瀕死の探偵 シャーロック・ホームズの挨拶
9位 四つのサイン 長編
10位 恐怖の谷 長編

1992年(平成4年)

 1992年には、新たに青いガーネット、六つのナポレオン、空き家の冒険という短編がランクインしました。代わりに、唇の捩れた男、瀕死の探偵、恐怖の谷がランク外となっています。

順位 タイトル 長編/短編集
1位 バスカヴィル家の犬 長編
2位 赤毛組合 シャーロック・ホームズの冒険
3位 まだらの紐 シャーロック・ホームズの冒険
4位 青いガーネット シャーロック・ホームズの冒険
5位 ボヘミアの醜聞 シャーロック・ホームズの冒険
6位 四つのサイン 長編
7位 踊る人形 シャーロック・ホームズの帰還
8位 緋色の研究 長編
9位 空き家の冒険 シャーロック・ホームズの帰還
10位 六つのナポレオン シャーロック・ホームズの帰還

2012年(平成14年)

 1位のバスカヴィル家の犬と2位の赤毛連盟は順位が変わりません。この人気投票で、これまで一度も登場していなかった“最後の事件”がランクインしています。

順位 タイトル 長編/短編集
1位 バスカヴィル家の犬 長編
2位 赤毛組合 シャーロック・ホームズの冒険
3位 ボヘミアの醜聞 シャーロック・ホームズの冒険
4位 青いガーネット シャーロック・ホームズの冒険
5位 まだらの紐 シャーロック・ホームズの冒険
6位 緋色の研究 長編
7位 恐怖の谷 長編
8位 四つのサイン 長編
9位 踊る人形 シャーロック・ホームズの帰還
10位 最後の事件 シャーロック・ホームズの思い出
スポンサーリンク

著者自選

 原作者であるコナン・ドイルの自選ランキングです。なお、執筆前の作品があるため、そもそも対象になっていない作品があります。主に短編集“事件簿”に収録されている作品です。概ね50作品の中から選ばれたと考えて下さい。

ドイル自選ベスト

 全部で10作品あります。海外や国内の人気投票ではランクインしていなかった作品、オレンジの種五つ、プライオリ・スクール、第二の血痕、悪魔の足が登場します。なお、ランクインしているエピソードはすべて短編となっています。

順位 タイトル 短編集
1位 まだらの紐 シャーロック・ホームズの冒険
2位 赤毛組合 シャーロック・ホームズの冒険
3位 踊る人形 シャーロック・ホームズの帰還
4位 最後の事件 シャーロック・ホームズの思い出
5位 空き家の冒険 シャーロック・ホームズの帰還
6位 ボヘミアの醜聞 シャーロック・ホームズの冒険
7位 オレンジの種五つ シャーロック・ホームズの冒険
8位 プライオリ学校 シャーロック・ホームズの帰還
9位 第二の汚点 シャーロック・ホームズの帰還
10位 悪魔の足 シャーロック・ホームズの挨拶
11位 マスグレーブ家の儀式 シャーロック・ホームズの思い出

みんなの感想

 長編作品の中で人気の高い「バスカヴィル家の犬」について、“みんなの感想”をご紹介します。

バスカヴィル家の犬

 口コミを調べてみると、やっぱり面白い、雰囲気良い、一番好きなどのポジティブな感想が多く現れています。作品の特徴としては、ホラー要素が強い、ワトスンが活躍するなどを書き込んでいる方が多いです。

ホームズファンではないけれども、シリーズ最高傑作とも言われる本作を読まずにいるのは無粋。そんな気持ちで手にとってみた。

ホームズシリーズで最も有名な本作であるが、やはり傑作!ダートムアの陰鬱な風景描写が素晴らしい。

ホームズの長編の中で最高傑作との呼び声があるのも納得で、前2作より遥かに面白い。沼沢地と魔犬という舞台設定、次々と登場する怪しい人物たちとミステリとしての面白さに加え、魔犬の謎を科学的に説明付ける19世紀ならではの視点もロマンをそそる。

シャーロック・ホームズシリーズを初めて読みました。コナン・ドイルは都会的な文章を書くイメージがありましたが、予想に反して、自然や博物学について書くのがうまかったです。

シリーズ内においても、抜群の知名度を誇る作品。やや強引なところはあるものの、他長編作品と比べても全体のまとまりが良い。陰気なダートムーアの湿原、その地に伝わる不気味な魔犬伝説、見え隠れする謎の人影……と、舞台装置も非常に興味を掻き立てられる。

まとめ

 シャーロック・ホームズシリーズの人気投票ランキングなどをご紹介しました。ランキング上位の作品はとても有名な作品が多いです。特に「赤毛組合」や「まだらの紐」は有名で、どちらも短編なので読みやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました