no murder, yes life
推理小説

アガサ・クリスティの最高傑作【おすすめ・ランキング・著作一覧】

この記事は約9分で読めます。
記事内に広告が表示されます

 英国の推理作家アガサ・クリスティの最高傑作(おすすめ作品)、著作一覧、隠れた名作をまとめています。

最高傑作

アガサ・クリスティの推理小説の中で、最高傑作は「オリエント急行の殺人」「ABC殺人事件」「そして誰もいなくなった」「アクロイド殺し」「予告殺人」です。これらはミステリーランキングTOP100にランクインしている作品です。

No. タイトル シリーズ 備考
1 オリエント急行の殺人 ポワロ 東西ミステリーベスト100の11位
2 ABC殺人事件 ポワロ 東西ミステリーベスト100の62位
3 そして誰もいなくなった シリーズ外 東西ミステリーベスト100の1位
4 アクロイド殺し ポワロ 東西ミステリーベスト100の5位
5 予告殺人 マープル

おすすめ

 上記5つの中で、誰が手に取っても楽しめそうなのは「オリエント急行の殺人」です。この作品は、トリックも有名になってしまっているので、まだトリックを知らない方はとても幸運な方だと思います。そのままの状態を維持するため、ネット検索などはせずに、本や映画などで作品を鑑賞されることを強くおすすめします。

 二番目にオススメなのは「ABC殺人事件」です。連続殺人といえばこの推理小説と言っても過言ではないほどの作品です。とても有名な作品なので、クリスティー以外の作家の作品にも、そのタイトルや類似トリックがよく登場します。

 「そして誰もいなくなった」は世界的なベストセラーになっており、世界で最も読まれた推理小説です。ただ、やや推理小説っぽくない作品ですので、ほとんど推理小説を読んでない方は他の作品をまず読んだ方がいいかもしれません。

 「アクロイド殺し」も初めて読む推理小説としてはおすすめではありません。当時、大変な話題となった推理小説の記念碑的な作品ですが、ある程度ミステリーに慣れてから読んだ方が、驚きが増す作品です。

冬の欧州を走る豪華列車オリエント急行には、国籍も身分も様々な乗客が乗り込んでいた。奇妙な雰囲気に包まれたその車内で、いわくありげな老富豪が無残な刺殺体で発見される。偶然乗り合わせた名探偵ポアロが捜査に乗り出すが、すべての乗客には完璧なアリバイが……ミステリの魅力が詰まった永遠の名作の新訳版。

映像化

 上記、5つの作品は映画やドラマなどで映像化されています。2017年に公開され「オリエント急行殺人事件」は、ジョニー・デップやジュディ・デンチなどの有名な俳優が出演していました。ポワロシリーズに関してはデヴィッド・スーシェ主演のドラマが有名です。現在もNHKなどで放送されています。スーシェ氏出演のドラマは70話あるため、エピソードが充実しています。ドラマや映画であれば、ながら見も可能です。

著作一覧

 アガサ・クリスティの小説を長編と短編にわけてまとめます。

長編

長編作品は全部で66作品あります。シリーズ作品としては、エルキュール・ポワロシリーズがもっとも多く33作品となっています。次いでミス・マープルシリーズが11作品、バトル警視とトミーとタペンスのシリーズがそれぞれ4作品ずつ、残りの13作品はシリーズ外(単発)作品となっています。

映像化の項目のリンク先は、デヴィッド・スーシェ主演の海外ドラマ「名探偵ポワロ」やジェラルディン・マクイーワンおよびジュリア・マッケンジー主演のドラマ「ミス・マープル」のあらすじなどをまとめた記事となっています。
順番 刊行年 タイトル シリーズ 映像化
1 1920年 スタイルズ荘の怪事件 ポワロ ドラマ
2 1922年 秘密機関 トミー&タペンス
3 1923年 ゴルフ場殺人事件 ポワロ ドラマ
4 1924年 茶色の服の男 シリーズ外
5 1925年 チムニーズ館の秘密 バトル警視 ドラマ
6 1926年 アクロイド殺し ポワロ ドラマ
7 1927年 ビッグ4 ポワロ ドラマ
8 1928年 青列車の秘密 ポワロ ドラマ
9 1929年 七つの時計 バトル警視
10 1930年 牧師館の殺人 マープル ドラマ
11 1931年 シタフォードの秘密 シリーズ外 ドラマ
12 1932年 エンドハウスの怪事件 ポワロ ドラマ
13 1933年 エッジウェア卿の死 ポワロ ドラマ
14 1934年 オリエント急行の殺人 ポワロ ドラマ
15 1934年 なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか? シリーズ外 ドラマ
16 1934年 三幕の殺人 ポワロ ドラマ
17 1935年 雲をつかむ死 ポワロ ドラマ
18 1936年 ABC殺人事件 ポワロ ドラマ
19 1936年 メソポタミヤの殺人 ポワロ ドラマ
20 1936年 ひらいたトランプ ポワロ
バトル警視
ドラマ
21 1937年 もの言えぬ証人 ポワロ ドラマ
22 1937年 ナイルに死す ポワロ ドラマ
23 1938年 死との約束 ポワロ ドラマ
24 1938年 ポワロのクリスマス ポワロ ドラマ
25 1939年 殺人は容易だ バトル警視 ドラマ
26 1939年 そして誰もいなくなった シリーズ外 あらすじ
27 1940年 杉の柩 ポワロ ドラマ
28 1940年 愛国殺人 ポワロ ドラマ
29 1941年 白昼の悪魔 ポワロ ドラマ
30 1941年 NかMか トミー&タペンス
31 1942年 書斎の死体 マープル ドラマ
32 1943年 五匹の子豚 ポワロ ドラマ
33 1943年 動く指 マープル ドラマ
34 1944年 ゼロ時間へ バトル警視 ドラマ
35 1945年 死が最後にやってくる シリーズ外
36 1945年 忘られぬ死 シリーズ外
37 1946年 ホロー荘の殺人 ポワロ ドラマ
38 1948年 満潮に乗って ポワロ ドラマ
39 1949年 ねじれた家 シリーズ外
40 1950年 予告殺人 マープル ドラマ
41 1951年 バグダッドの秘密 シリーズ外
42 1952年 マギンティ夫人は死んだ ポワロ ドラマ
43 1952年 魔術の殺人 マープル ドラマ
44 1953年 葬儀を終えて ポワロ ドラマ
45 1953年 ポケットにライ麦を マープル ドラマ
46 1954年 死への旅 シリーズ外
47 1955年 ヒッコリー・ロードの殺人 ポワロ ドラマ
48 1956年 死者のあやまち ポワロ ドラマ
49 1957年 パディントン発4時50分 マープル ドラマ
50 1958年 無実はさいなむ シリーズ外 ドラマ
51 1959年 鳩のなかの猫 ポワロ ドラマ
52 1961年 蒼ざめた馬 シリーズ外 ドラマ
53 1962年 鏡は横にひび割れて マープル ドラマ
54 1963年 複数の時計 ポワロ ドラマ
55 1964年 カリブ海の秘密 マープル ドラマ
56 1965年 バートラム・ホテルにて マープル ドラマ
57 1966年 第三の女 ポワロ ドラマ
58 1967年 終りなき夜に生れつく シリーズ外 ドラマ
59 1968年 親指のうずき トミー&タペンス ドラマ
60 1969年 ハロウィーン・パーティー ポワロ ドラマ
61 1970年 フランクフルトへの乗客 シリーズ外
62 1971年 復讐の女神 マープル ドラマ
63 1972年 象は忘れない ポワロ ドラマ
64 1973年 運命の裏木戸 トミー&タペンス
65 1975年 カーテン ポワロ ドラマ
66 1976年 スリーピング・マーダー マープル ドラマ

短編

短編集として早川書房で刊行されている作品は、14あります。未収録作品は「ポワロとレガッタ」や「グリーンショアの阿房宮」などのわずかな作品となっています。

順番 刊行年 タイトル シリーズ 映像化
1 1924年 ポワロ登場 ポワロ
2 1929年 おしどり探偵 トミー&タペンス
3 1930年 謎のクィン氏 クィン
4 1932年 火曜クラブ ミス・マープル
5 1933年 死の猟犬 シリーズ外
6 1933年 リスタデール卿の謎 シリーズ外
7 1934年 パーカー・パイン登場 パーカー
8 1937年 死人の鏡 ポワロ
9 1939年 黄色いアイリス ポワロ
ミス・マープル
パーカー
10 1947年 ヘラクレスの冒険 ポワロ ドラマ
11 1950年 愛の探偵たち ポワロ
ミス・マープル
クィン
12 1960年 クリスマス・プディングの冒険 ポワロ
ミス・マープル
13 1961年 教会で死んだ男 ポワロ
ミス・マープル
14 1997年 マン島の黄金

隠れた名作

 個人的に隠れた名作だと思うのは「葬儀を終えて」「終りなき夜に生まれつく」です。アクロイドやオリエント急行などもあっと驚く作品ですが、この作品もかなり驚きました。

葬儀を終えて

「だって彼は殺されたんでしょ?」
アバネシー家の主人リチャードの葬儀後、末妹のある一言が、一族を怪事件へと巻き込んでいく


 口コミを調べてみると、『本当にうまい』や『素晴らしいミスリード』といった内容が書き込まれていました。

名作傑作目白押しのクリスティ作品の中で、さすが解説者がベストに挙げるだけある。

傑作。ミスリードが素晴らしすぎるとしか言えない。

本当にうまい。かなりボリュームがあったけど、最後の最後にびっくり。全く予想してなかった。最近ではあまり驚くことも少ない私なのに、こんな大昔のミステリに騙されてしまった。さすがクリスティ。定番モノよりある意味すごいかも。

映像化

「葬儀を終えて」は長編推理小説となっており、ページ数も結構あります。小説を読む時間がない方は、ドラマがおすすめです。この作品はスーシェ氏主演のドラマ「名探偵ポワロ」で映像化されており、根本的な部分は小説と同じです。ただし、登場人物の設定など、小説とドラマでだいぶ違いがあったりもします。

終りなき夜に生れつく

作者のクリスティーが自らのベストにも選出!サスペンスとロマンスに満ちた傑作。
誰が言い出したのか、その土地は呪われた〈ジプシーが丘〉と呼ばれていた。だが、僕は魅了された。なんとしてでもここに住みたい。そしてその場所で、僕はひとりの女性と出会った。彼女と僕は恋に落ち、やがて……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました