no murder, yes life
名探偵ポワロ

ホロー荘の殺人|ポワロ53【あらすじ・ネタバレ解説・感想・考察】

4.0
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が表示されます

ホロー荘の殺人」のあらすじとネタバレ、トリック考察、感想です。被害者のすぐそばに拳銃を持った妻や関係者が立ちすくんでいたという事件です。

The Hollow
項目 内容
シーズン 9
エピソード 4
長さ 1時間33分
放送日(英国) 2004年4月26日(月)
放送日(日本) 2005年8月26日(金)
出演者 キャスト一覧
原作者 アガサ・クリスティー
スポンサーリンク

あらすじ

別荘を購入したポワロが、別荘近くにあるホロー荘の夕食に招待される。翌日、ポワロはランチのため、再びホロー荘を訪れる。執事に案内されて東屋へ向かうと、プール脇にガーダ、ヘンリエッタ、ルーシー、エドワードの4人が立ち尽くしてた。彼らの視線の先に、ジョン・クリストウ医師が倒れている。殺人ゲームだと思ったポワロは明るく振舞うが、ジョンの血は本物だった。まだ息のあったジョンだったが、「ヘンリエッタ」というダイイング・メッセージを残して息絶える。声を掛けられたヘンリエッタは、ガーダの握っていた銃を奪い取り、プールに投げ捨てるのだった。

解説

被害者のジョン・クリストウ医師はヘンリエッタ・サバナークと不倫をしていました。ヘンリエッタは妻ガーダの親戚なので、ジョンは妻の親戚に手を出したということになります。ジョンは、夕食のあと姿現した女優のヴェロニカとも何やら怪しい雰囲気だったりします。そんなジョンが殺され、死体のすぐ近くに、拳銃を持った妻のガーダが立っていたという状況です。妻のガーダが犯人としか思えないわけですが、彼女は犯行を否定します。そして一族はガーダが犯行を否定しているということを事件発覚直後に知ることになります。

ガーダ本人が否定しているといっても、極めて怪しい状況には間違いないので、警察はガーダを疑います。犯行を否定するガーダは、落ちていた銃をなんとなく拾ってしまったという内容を話し、捜査の結果、被害者を撃った拳銃はガーダが握っていた銃とは別のものであるという事実が判明します。つまり、犯行に使われた拳銃はどこかに消えてしまい、ガーダの供述通りであれば、現場に謎の拳銃が落ちていたということになります。

二丁も拳銃があるというのは想像し難いかもしれませんが、ホロー荘の主人であるルーシー・アンカテルの夫ヘンリーが銃をコレクションしているため、ホロー荘には拳銃が売るほどあります。そのコレクションで全員が銃の試し撃ちに興じていたため、銃の使い方がわからない人物はいないといえる状況です。

その後、ホロー荘の主人であるルーシーが卵の籠に拳銃を入れて持ち運んでいたことが発覚します。そしてそれを執事が片づけたという流れですが、結局その拳銃も凶器ではないことが判明します。さらにもう一つ拳銃がみつかるのですが、それは、ヘンリエッタの彫刻の中に隠されていました。どうやらこの拳銃が凶器らしく、ヘンリエッタが非常に疑わしくなります。

他にもヘンリエッタを疑う根拠はあります。プールのそばに立てらている東屋で落書きがみつかりますが、これはヘンリエッタが書いたもので、事件発生時でなければ、それを残すことはできないようでした。なお、東屋にあった毛皮はヴェロニカのものです。マッチはヴェロニカがホロー荘で頂いたもののようなので、あの晩、ヴェロニカは東屋に立ち寄ったということになります。

スポンサーリンク

ネタバレ

犯人はガーダ・クリストウです。一族の誰もがガーダの犯行を疑っていましたが、ガーダが無実を主張したため、一族はガーダをかばうことにしました。ルーシー・アンカテルや執事が拳銃の話をしたのも、ヘンリエッタが東屋に落書きを残したのも、凶器を彫刻に隠したのも、すべて、ガーダを守るための偽装でした。

動機は夫の不倫です。ある時まで、ガーダは夫の不倫に気付いていませんでした。しかし、女優のヴェロニカがホロー荘にやって来たあの夜、ガーダは、東屋で夫がヴェロニカと交わっているのをみてしまいます(マッチや毛皮が東屋に残っていたのはそのため)。ガーダは夫に対して崇拝のような感情を抱いていました。そんな夫の不貞を目の当たりにしたガーダは殺意に目覚めてしまいます。

ガーダは二丁の拳銃を盗み出し、一方で夫を撃ち、すぐに凶器となった拳銃を捨てました。そして、ただ盗んだだけの拳銃を片手に持っていました(拾ったというのは嘘)。捨てられた拳銃はヘンリエッタが回収し、ルーシー・アンカテルは凶器を捏造するために一芝居うったということでした。

ヘンリエッタは、ガーダが無実を主張する前に、ガーダの持っていた拳銃をプールに捨てたりしていますが、これは、被害者のジョンに名前を呼ばれたためです。ヘンリエッタは、ジョンのダイイング・メッセージにガーダをかばってくれという意味が込められていたと解釈し、拳銃を始末しました。なぜそこまでしたのかというと、ヘンリエッタは死んだジョンを愛していたからです。

ポワロが抱いていた違和感の正体は銃のホルスターでした。ガーダは犯行に使用した銃のホルスターをコートのポケットに入れたままでした。凶器のホルスターを所持しているというのは、ガーダにとって非常に不利な状況です。ポワロは死体発見時、ガーダのホルスターを目にしていたということのようです。

スポンサーリンク

トリック考察

 事件発生後に関係者が共犯になるというトリックが登場しています。凶器が見つからないという状況だったので、凶器の捏造も登場しています。これは、関係者が嘘をつくというトリックでした。他にも、自分に疑いが向くよう事後に証拠をつくるというトリックも登場しています。これは、誰かに濡れ衣を着せるために証拠を残すというのと似ています。

 親戚達がかくまってくれるというのは、犯人の性格が影響しているように思います。犯人は誰からも愛されるような人物だったと言えるかもしれません。

原作

原作は第37作目の長編小説「ホロー荘の殺人」です。原作とドラマはほとんど同じ内容ですが、原作は人間ドラマがメインとなっており、ミステリーの内容は薄めです。一方、ドラマは原作を凝縮したようなストーリーで、ミステリー要素が薄いということはありません。

ドラマは登場人物が少し変わることが多いですが、このホロー荘も登場人物が削られたり、設定が変えられていたりします。原作小説にはデイヴィット・アンカテルという親戚が登場したり、ドラマですこし登場したエルシー・パターソンが、原作では姉という設定になっていたりします。

みんなの感想

 原作小説のレビューをご紹介します。

プールサイドで血を流す男とピストルを手にした女、しかもその場面をポアロが目撃するという場面設定も鮮やかだ。誰が犯人か?と推理しながら読んだけど、いつものように外れました。

ロマンスというか愛憎劇が濃いめでポアロ要素が薄め。

ジョンとヘンリエッタとガータという三角関係の、三人三様の心理描写はなかなか巧み。ポアロはほとんど活躍しない話だけれど、私はこの作品がとても好き。

日本版オリエントが放送されていたので再読。これは謎解きというよりクリスティお得意の心理描写が優れた作品でしたね。

魅力的な登場人物が多く、謎解きよりも人間ドラマを楽しめた。

事件の話やポアロの出番が少なく登場人物の心理描写がとても多い本。ミステリ期待で読むととても疲れる。

感想

不倫して殺され、死に際、不倫相手に事後処理を頼むという。かっこつけている場合か、と思ってしまいました。奥さんが殺さなくても、きっと、他の誰かに殺されていたのではないかと思える被害者でした(そういう被害者が多かったりするわけですが)。

まとめ

 名探偵ポワロ「ホロー荘の殺人」について、あらすじ、真相、トリック考察および解説、感想・雑談をご紹介しました。

登場人物

 事件関係者は以下の通りです。

名前 説明 解説
ジョン・クリストウ
John Christow
医師
被害者
いろいろ不倫していた男
妻に拳銃で撃たれて死亡する
ガーダ・クリストウ
Gerda Christow
被害者の妻
犯人
夫と女優のまぐわいをみてしまい精神的に何かが壊れる
拳銃を二丁盗んで犯行におよぶ
ヘンリエッタ・サバナーク
Henrietta Savernake
被害者の不倫相手
彫刻家
ガーダの親戚だがジョンと不倫をしていた
ガーダをかばうため凶器を隠すなどの偽装を重ねる
ルーシー・アンカテル
Lucy Angkatell
ホロー荘の女主人
サー・ヘンリーの夫
プールサイドにいた人物の一人
凶器を捏造するため籠に拳銃を入れていたと話す

ロケ地

ホロー荘はHampton Estateという場所で撮影されたようです。ホームページに名探偵ポワロの「ホロー荘の殺人」で使われたと書かれているため、間違いないと思いますが、公園や農場を含む広大な土地がHampton Estateと呼ばれているようなので、具体的な場所までは記されていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました