no murder, yes life
名探偵ポワロ

ナイルに死す|ポワロ52【あらすじ・ネタバレ解説・感想・考察】

4.5
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が表示されます

ナイルに死す」のあらすじとネタバレ、トリック考察、感想です。お金持ちの女性とハンサムな男性のハネムーンに、男の元恋人がつきまという…というお話で、ナイル川のクルーズ船で事件が起きます。

Death on the Nile
項目 内容
シーズン 9
エピソード 3
長さ 1時間37分
放送日(英国) 2004年4月12日(月)
放送日(日本) 2005年8月23日(火)
出演者 キャスト一覧
原作者 アガサ・クリスティー
スポンサーリンク

あらすじ

金に困っていたサイモンと婚約者のジャクリーンは、ジャクリーンの親友で大金持ちのリネット・リッジウェイを頼りにすることにした。ジャクリーンはリネットに、リネット邸の管理人の仕事をサイモンに任せてほしいと頼む――。三ヶ月の月日がたち、富豪のリネットはサイモンと結婚していた。新婚旅行先のエジプトには、ジャクリーンが恋人を奪われたという怨念を抱えて現れ、新婚夫婦にしつこく付きまとっていた。新婚夫婦はジャクリーンを振り切るため、偽名を使い豪華客船カルナック号に乗ることを決める。ところが、夫婦が船に乗り込むと、そこにはなぜかジャクリーンの姿があった…。

事件概要

元恋人がハネムーンに現れてストーカーを始めるというなんとも胃が痛くなりそうな雰囲気の発端です。ジャクリーンが犯人としか思えない状況ですが、残念なことに彼女にはアリバイがあります。神殿で起きた落石事件もジャクリーンには不可能なようです。

事件について説明すると、夫婦やジャクリーン、そしてポワロ達が乗り込んだクルーズ船で、夜遅く、船内でサイモンとジャクリーンが言い争いになります。激昂したジャクリーンが、携帯していた小型の拳銃を取り出して発砲し、弾がサイモンの足に命中します。取り乱したジャクリーンは乗客に付き添われ、自室へ向かい、そのまま朝まで介抱されることになります。太ももを撃たれたサイモンも、乗客の医者に連れられ、医者の客室で一晩を過ごします。そして翌朝、サイモンの妻であるリネットの死体が発見されます。

リネットは自室のベッドで亡くなっており、拳銃で頭を撃たれていました。死体近くの壁にはJの文字が残されており、それはジャネットの頭文字を意味しているようでした。しかし、ジャネットは発砲騒動の後、別の乗客と一緒にいたため、完璧なアリバイがありました。騒動前の犯行も不可能であり、その理由はジャネットがサイモンらと一緒にいたというアリバイがあったためでした。

のちにリネットだけではなく、メイドのルイーズ、ルイーズ殺害の犯人を目撃したサロメも殺害されます。神殿の落石事件だけではなく、リネットの身につけていた高価な真珠のネックレスが盗まれるという事件も発生していますが、落石とネックレス盗難はリネット、ルイーズ、サロメの殺害には関係がありません。

ポワロは凶器の拳銃に巻かれたスカーフが、シュワイラー夫人の紛失物だったことから、発砲事件が予め仕組まれていたことを疑います。また、メイドが手に金を握っていたことから、メイドが誰かを脅迫していたと推理します。このメイドは何かを目撃したかと問われ、サイモンの目の前で「どう答えればいいですか!?」と声を荒らげています。

スポンサーリンク

ネタバレ

犯人はサイモンとジャクリーンです。動機はリネットの財産で、つまり、サイモンがリネットと結婚したのは、計画されたことでした。

サイモンとジャクリーンは共犯です。ラウンジでジャクリーンの撃った弾は実はサイモンには当たっていませんでした。サイモンはマニキュア瓶(リネットの部屋にあったローズ色のマニキュアの容器)に入った赤いインクを使って撃たれたように装っていました。そして、ラウンジから人がいなくなった隙にサイモンは銃を拾い、急いでリネットのもとへと向かい、妻のリネットを射殺しました。ダイイング・メッセージのJを残したのもサイモンです。ラウンジに戻ったサイモンは自分の足を撃ち、もだえながら、スカーフに包んだ凶器の拳銃を川に投げ捨てました。アラートン夫人が耳にした水音と誰かの走る音というのは、どうやらサイモンが移動し銃を捨てる音だったようです。

合計3発(ジャクリーンの発砲、リネット殺害、サイモンの自傷行為)の弾丸が発射されていますが、サイモンは3発目の弾丸も持ち歩いていました。なお、サイモンがいった“リネットの敵”というのは、嘘だったようです。

メイドを殺したのはジャクリーンでした。メイドはリネット殺害を目撃しており、ポワロの聴取時にそれをほのめかす発言(どう答えればいいですか、など)をし、密かにサイモンを脅迫していました。

作家のサロメは、メイドの部屋を訪れるジャクリーンを目撃していました。サイモンがこの事実をポワロ達に伝えた時、そばにいたサイモンが大声でジャクリーンに知らせました。それに気づいたジャクリーンが犯行に及びます。サロメ殺害の凶器となった拳銃は、ロザリー・オタボーンのバッグに隠していました。

落石の犯人は管財人のペニントンで、動機は金だったようです。作家のサロメはアルコール中毒で、娘のロザリーはその事実やサロメが隠し持っていたアルコールを川に捨てたことなどをポワロに隠していました。

ネクッレス盗難はやや複雑です。盗み癖のあるシュワイラー夫人は、たしかにネックレスを盗んでいますが、それはレプリカでした。本物のネックレスはシュワイラー夫人の前にティモシー・アラートンがレプリカとすり替えていました。冒頭で、ジョアナという女性がリネットに近づいてネックレスを調べていましたが、レプリカを作ったのは彼女でした。つまり、ティモシーとジョアナは共犯でした。

スポンサーリンク

トリック考察

 メインのトリックはアリバイトリックでした。たとえ一人だったとしても、負傷していたから、犯行現場には移動できない、というトリックです。実は撃たれておらず、撃たれた演技をしていたので、犯行は可能だったということになります。

 撃たれるという状況を自然なかたちで作り出す必要があります。この事件では、元恋人と口論となって撃たれる、という流れでした。元恋人がストーカーになるというのも、当然ながら仕組まれたことであり、これがきっかけで、自然に口論が発生したと思えます。

感想

結婚式の披露宴にウェディングドレスで参列するというのを何か映画でみたことがありますが、元恋人の新婚旅行に勝手についていって嫌味を言いまくるというのも、なかなか面白いです(距離をおいてみていると喜劇かなと思いますが、当事者には決してなりたくないです)。どちらもフィクションなのですが、本当にこんなことが起きうるのだろうか、と思ったりします。

まとめ

 名探偵ポワロ「ナイルに死す」について、あらすじ、真相、トリック考察および解説、感想・雑談をご紹介しました。

登場人物

 事件関係者は以下の通りです。

名前 説明 解説
リネット・リッジウェイ
Linnet Ridgeway
サイモンの妻
最初の被害者
大富豪の女性でサイモンの妻となる
ハネムーンでストーカーされ、財産目当てで結婚され、殺される
ジャクリーン・ド・ベルフォール
Jacqueline De Bellefort
サイモンの元恋人
犯人
元恋人のハネムーンについていく
財産を手に入れるためサイモンと共にリネットを殺害
サイモン・ドイル
Simon Doyle
リネットの妻
犯人
ジャクリーンの元恋人、だったが実は愛し合っている
アリバイを作るために自分の足を撃つ
ルイーズ・ブールジェ
Louise Bourget
メイド
二人目の被害者
サイモンのリネット殺害を目撃し脅迫者となる
ジャクリーンに殺害される
サロメ・オタボーン
Salome Otterbourne
作家
三人目の被害者
アルコール中毒だった
メイドの部屋に入るジャクリーンを目撃したが殺されてしまう

コメント

タイトルとURLをコピーしました