no murder, yes life
名探偵ポワロ

砂に書かれた三角形|登場人物・キャスト・ネタバレ【ポワロ06】

4.0
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が表示されます

 「砂に書かれた三角形」のあらすじ、登場人物とキャスト、感想です。ポワロがロードス島を訪れ二組の夫婦をみかけます。

Triangle at Rhodes
項目 内容
シーズン 1
エピソード 6
長さ 52分
放送日(英国) 1989年2月12日(日)
放送日(日本) 1990年2月24日(土)
原作者 アガサ・クリスティー
スポンサーリンク

あらすじ

ネタバレ注意

 ロードス島のホテルでバレンタイン・チャントリーという女性が毒殺される。バレンタインに惚れていたダグラス・ゴールドのポケットから毒物が発見され、ダグラスが捕まることになる。ダグラスはバレンタインの夫であるトニー・チャントリーを殺害しようとしたが、毒殺に失敗し誤ってバレンタインを殺してしまったようだった。

バレンタインを殺害したのは真っ先に逮捕されたダグラスではなく、トニー・チャントリーとマージョリー・ゴールド(被害者の夫と容疑者の妻)でした。トニーとマージョリーは以前から不倫しており、邪魔な配偶者を始末するため、バレンタインを毒殺し、その罪をダグラスになすりつけようとしています。

登場人物

事件関係者は以下の通りです。このエピソードにヘイスティングス大尉、ミス・レモン、ジャップ警部などは登場しません。

名前 キャスト 説明
パメラ・ライル
Pamela Lyall
フランシズ・ロー
Frances Low
休暇中の女性
ポワロの助手のような存在
バーンズ少佐
Major Barnes
ティモシー・カイトリー
Timothy Kightley
釣り人
バレンタイン・チャントリー
Valentine Chantry
アニー・ランバート
Annie Lambert
被害者
チャントリー中佐
Commander Chantry
ジョン・カートライト
Jon Cartwright
被害者の夫
ダグラス・ゴールド
Douglas Gold
ピーター・セッテレン
Peter Settelen
容疑者
マージョリー・ゴールド
Marjorie Gold
アンジェラ・ダウン
Angela Down
容疑者の妻
スケルトン
Skelton
アンソニー・ベンソン
Anthony Benson
監察医
スポンサーリンク

感想

二人が出会って恋に落ちたのは、偶然でも、もちろん運命でもなく、犯人達の罠だったということになります。恐ろしいです。なにも殺さなくてもよかったのではないかと思いますが、カトリック教徒という事情により、離婚という選択肢はなく、死別、すなわち殺人しか道はなかったわけです。結ばれるために他の手段がなかったとはいえ、鳴かぬなら殺してしまえ…、というような発想はやはり恐ろしいです。

Wデートみたいな雰囲気になって、公然と不倫が始まります。最初から答えが目の前にあるような状況でしたが、犯人達の不倫を知って驚かされます。W不倫(というよりはクロス不倫)というふしだら極まりない男女関係も面白いですが、ずっとそこにあった伏線というのもまた、この作品の魅力でもあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました