no murder, yes life
ホームズ

四つの署名|ホームズ【あらすじ・ネタバレ解説】

4.0
この記事は約8分で読めます。
記事内に広告が表示されます

 「四つの署名(四人の署名)」は、毎年贈られていくる謎の真珠が事件の発端となるエピソードです。この記事では、原作およびドラマのあらすじ、ネタバレ、ドラマのキャスト、原作とドラマの違い、感想などをまとめています。

スポンサーリンク

あらすじ

 「四つの署名」のあらすじをタイムラインで簡単にまとめます。メアリー・モースタン嬢が依頼人となります。

ハイライト
  • 発端
    メアリー・モースタンが221Bを訪れる
    サディアス・ショルトーの屋敷へ
    メアリーが受け取っていた真珠の秘密が明かされる
  • 展開
    サディアスの兄の死体がみつかる
    ホームズがトビー(犬)と共に犯人を追う
  • 結末
    テムズ河の追跡劇
    捕まった犯人が真相を語る…

Give me problems, give me work, give me the most abstruse cryptogram, or the most intricate analysis, and I am in my own proper atmosphere. I can dispense then with artificial stimulants.
何か問題はないか、おもしろい仕事はないか、不可解な難問か暗号でも持ってきて、本来の気分にしてくれないものか。そうすれば注射なんかしないよ。
Arthur Conan Doyle , The Sign of Four

‘The only unofficial consulting detective,’ he answered. ‘I am the last and highest court of appeal in detection.’
「世界唯一の諮問探偵です、」彼は答えた。「探偵事件の最高にして最後の受理者は私です」
Arthur Conan Doyle , The Sign of Four

登場人物とキャスト

登場人物とキャストをまとめます。ホームズ、ワトスン博士、ハドスン夫人は省いています。サディアスとバーソロミューは同じ俳優さんが演じています。

名前 キャスト
メアリー・モースタン
Miss Mary Morstan
ジェニー・シーグローヴ
Jenny Seagrove
サディアス・ショルトー
Thaddeus Sholto
ロナルド・レイシー
Ronald Lacey
バーソロミュー・ショルトー
Bartholomew Sholto
ロナルド・レイシー
Ronald Lacey
ジョナサン・スモール
Jonathan Small
ジョン・ソウ
John Thaw
トンガ
Tonga
キラン・シャー
Kiran Shah
ショルトー少佐
Major Sholto
ロビン・ハンター
Robin Hunter
スポンサーリンク

原作小説

 原作は1890年に発表されました。原作は「四つのサイン」や「四人の署名」と訳されることもあるようです。

The Sign of Four
項目 内容
作者 コナン・ドイル
発表 1890年2月発表(ストランド)
発表順 2作品目(60作中)
発生時期 1888年9月18日~9月21日
発生順 19件目(60作中)

ストーリー

グラナダ版ドラマも同じストーリーとなっています。

 久ぶりに221Bのベルが鳴った。現れたのはメアリー・モースタン嬢という若い女性だった。どうやら彼女は、6年前から毎年大粒の真珠を送られていたらしく、今回、ついに、送り主から手紙で、面会を要求されたという。

 ホームズ、ワトスン、メアリーはロンドン郊外の邸宅へと向かい、そこで、サディアス・ショルトーという小柄な男と知り合う。サディアスが語るところによると、彼の父であるショルトー少佐と、メアリーの10年前に失踪した父親、すなわち、モースタン大尉はインド大反乱で、莫大な財宝を手に入れたらしかった。ところが、ショルトー少佐が裏切り、モースタン大尉に財産を分け与えず、ひとり英国に逃亡してしまう。モースタン大尉は帰国後、逃げた少佐を見つけだすのだが、少佐との口論の最中に死んでしまう。その後、ショルトー少佐は大尉の死体と、独り占めした財宝をどこかに隠したのだった。

 財宝を奪って逃げたショルトー少佐だったが、彼も病で他界する。息子であるサディアスと、兄のバーソロミュー・ショルトーは遺言で財宝の存在を知り、毎年メアリーに真珠を送りながら、財宝を探していた。そしてついに、バーソロミューが屋根裏で財宝を発見する。事情を知っていたショルトー兄弟は、メアリー・モースタンにも財宝を分けるべきであると考えており、今回、メアリーに手紙を送ったのだった。

 ホームズ、ワトスン、メアリー、サディアスは、バーソロミューの屋敷を訪れる。そこで、バーソロミューの死体をみつける。財宝は消えていた。現場には、義足の足跡やクレオソートの臭い、さらには、“四つの署名”も残されており、署名の一つはジョナサン・スモールと読めた。

 ホームズ達はトビーという優秀な犬を使って捜査を進める。トビーが臭い追って辿り着いたのはテムズ河の船付き場で、どうやら犯人は船で逃げたらしかった。ホームズとワトスン、そして、警官達は犯人達を追い、ついに、逃走する船に追いつく。逃げた船に乗っていたのはトンガとジョナサン・スモールで、追跡劇の結果、トンガは射殺され、スモールは逮捕されることとなる。

ネタバレ

捕まったスモールが真相を語り始める。スモールも実は、モースタン大尉やショルトー少佐とともに、インド大反乱に関わった軍人だった。そしてスモールこそが、財宝を盗み出したのだった。彼は部下とともに現地の大富豪の宝を強奪したのだが、このとき、殺人を犯したために逮捕され、一度は終身刑となり投獄されてしまう。

その後、スモールは、借金があったショルトー少佐とモースタン大尉に財宝のことを伝え、脱走の手引きを要求するのだが、ショルトーが裏切り、ひとりで英国に帰国してしまう。このことを知ったスモールの精神は復讐心に燃え、トンガの助けを借りることで、脱獄に成功する。

そして、英国に帰ってきたスモールだったが、ショルトーは既に死んでいた。財宝だけでもと思い、バーソロミューの屋敷に侵入したのだが、血気盛んなトンガがバーソロミューを毒矢で殺害してしまう。逮捕は時間の問題であると悟ったスモールは逃走中、テムズ河に盗んだ財宝を全てバラまいたと話すのだった。

真相解説

スモールが事件について語った直後、ワトスンが「よかった!」と叫びます。実はワトスンはメアリー・モースタンに恋心を抱いていたのですが、財宝目当てだと思われることを気にして、本心を伝えることができていませんでした。そんなこんなで、ワトスンはメアリーにプロポーズし、結婚することになります。

スポンサーリンク

原作とドラマの違い

 原作とドラマの展開や結末などは概ね同じです。ただし、ワトスンとメアリーの関係は大きく異なります。原作では、このエピソード(といっても刊行順は2作目)でワトスン博士とメアリーが結婚します。しかし、ドラマにそういったシーンはなく、ワトスン博士は独身のままのようです。

ドラマ

 グラナダ版ドラマは1987年12月29日に放送されました。テレビ映画第一弾として放送されたこのエピソードは、ほぼ2時間のスペシャルドラマとなっています。

The Sign of Four
項目 内容
シーズン
話数
放送順 21
長さ 1時間43分
放送日(英) 1987年12月29日(火)
キャスト キャスト一覧

ストーリー

原作小説のあらすじと同じため省略

感想

ドラマのトンガが不気味です。とりあえず、賢くて可愛いトビーに癒されるしかありません。モースタン嬢に届いた謎の手紙と真珠というのは、わりと中盤で真相が明らかになります。最後に明かされる謎のなのかと思いきや、あっさり答えがわかってしまい、思わぬかたちで裏切られました。特にドラマは、90分ほどでまとめられているため、展開が早いように思います。

考察

重要な過去が隠されていて、断片だけを垣間見ることによって謎を呼ぶストーリーです。四人の署名、モースタン嬢に届く真珠や面会の手紙、財宝の盗難などなど、途中で答えがわかる謎もあり、飽きません。密室らしき殺人も登場していましたが、侵入経路があったようです。どこかの先住民がその体格と筋力を活かして犯行に及んだとは、思いもよりません。

まとめ

 シャーロック・ホームズの「四つの署名」について、原作とドラマのあらすじとネタバレ、感想などをご紹介しました。

  • ジョナサン・スモール
    Jonathan Small
    犯人。財宝を強奪したがショルトー少佐に持ち逃げされる。トンガとともに財宝を盗み出し逃げるが、追い詰められて川に財宝を捨てる。
  • トンガ
    Tonga
    共犯者。スモールの共犯者でバーソロミューを毒矢で殺害した人物。子供のように体が小さいため、狭い場所も通れる。体は小さくても力は大人。追跡劇の末、射殺される。
  • メアリー・モースタン
    Miss Mary Morstan
    依頼人。ショルトー兄弟から真珠を受け取っていた。原作では事件後にワトスン博士の妻となる。
  • ショルトー少佐
    Major Sholto
    故人。スモールが強奪した財宝をイギリスに持ち逃げする。病死し遺言で息子達に財宝について報せる。
  • サディアス・ショルトー
    Thaddeus Sholto
    ショルトー少佐の息子。メアリーに真珠を贈っていた人物。みつかった財宝を分配するためメアリーに手紙を書いた。
  • バーソロミュー・ショルトー
    Bartholomew Sholto
    被害者。ショルトー少佐の息子でサディアスの兄。財宝をみつけるがトンガに殺されてしまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました