no murder, yes life
ホームズ

ショスコム荘|ホームズ【あらすじ・ネタバレ解説・感想】

3.5
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が表示されます

 「ショスコム荘」は、馬の調教主任が雇い主の異変を相談するエピソードです。この記事では、原作小説およびグラナダ版ドラマのストーリーとネタバレ、原作とドラマの違い、作品の感想などをまとめています。

スポンサーリンク

あらすじ

 「ショスコム荘」のあらすじをタイムラインで簡単にまとめます。このエピソードは、依頼人が捜査を依頼して、ホームズが調査するという流れです。

ハイライト
  • 発端
    調教主任が主であるロバート卿について相談
    ロバート卿や妹のビアトリスの様子がおかしい
  • 展開
    ホームズとワトスンがショスコムへと向かう
    ビアトリスが飼っていたという犬をビアトリスの馬車へ放つ
  • 結末
    ホームズ達がロバート卿が出入りしていた納骨堂へ

We can only guess at it from its effects. They seem to be of a curiously mixed character. But that should surely help us. It is only the colourless, uneventful case which is hopeless.
いまはただ結果から推察するしかない。妙にこんがらがった性質のもののように思われる。だが、そのためかえって我々は助かるのだ。無色平凡な事件になると、手がつけられない。
Arthur Conan Doyle , The Adventure of Shoscombe Old Place

登場人物とキャスト

登場人物とキャストをまとめます。ホームズ、ワトスン博士は省いています。なお、ジョー・バーンズはドラマオリジナルのキャラクターです。

名前 キャスト 説明
ロバート・ノーバートン卿
Sir Robert Norberton
ロビン・エリス
Robin Ellis
馬主
ベアトリス・フォルダー
Lady Beatrice Falder
エリザベス・ウェイバー
Elizabeth Weaver
ロバートの妹
ジョン・メイスン
John Mason
フランク・グライムズ
frank grimes
調教師
サンディ・ベイン
Sandy Bain
マーティン・ストーン
Martin Stone
騎手
キャリー・エヴァンス
Carrie Evans
デニース・ブラック
Denise Black
ショスコム荘の使用人
スティーブンス
Stephens
マイケル・ビルトン
Michael Bilton
ショスコム荘の執事
ジョー・バーンズ
Joe Barnes
ジュード・ロウ
Jude Law
宿屋の息子
ジョシア・バーンズ
Josiah Barnes
マイケル・ウィン
Michael Wynne
宿屋の亭主
サミュエル・ブルーワー
Samuel Brewer
ジェームス・コイル
James Coyle
金貸しの男
スポンサーリンク

原作小説

 原作はシャーロック・ホームズシリーズ最後のエピソードとなっており、1927年に発表されました。「ショスコム・オールド・プレイス(原題をカタカナに直したタイトル)」と訳される場合もあるようです。

The Adventure of Shoscombe Old Place
項目 内容
作者 コナン・ドイル
発表 1927年4月発表(ストランド)
発表順 60作品目(60作中)
発生時期 1902年5月6日~5月7日
発生順 50件目(60作中)

ストーリー

 ショスコム荘の調教主任であるジョン・メイソンが、雇い主のサー・ロバート・ノーバートンについて相談するため、シャーロック・ホームズを訪ねる。メイソンによれば、近頃、ロバート卿の様子がおかしいらしい。

 ロバート卿は所有する馬が競馬で勝たなければ、屋敷や厩舎を差し押さえられるという苦境に陥っていた。そんな矢先に卿は、妹であるビアトリスといざこざを起こしたらしく、以降、ビアトリスは全く馬に興味を示さなくなり、馬車で外出することはあるものの、ほとんど部屋に籠ってしまった。ビアトリスが大事にしていた愛犬も他人に譲ってしまったようで、メイソンにはそれが、ロバート卿のビアトリスに対する嫌がらせに思えたという。

 いざこざが起こる前まで、ロバート卿は、病気がちな妹と共に毎晩過ごしていたのだが、それも一切やめてしまい、ロバートがビアトリスを訪ねることはなくなってしまった。

 不思議なことにロバート卿は夜な夜な納骨堂に出入りしていた。目撃者である執事によれば、ロバート卿は納骨堂で男と会っているらしい。しかも、1000年も前に埋葬された遺体を掘り返しているという。屋敷の炉からは、黒こげになった人骨が発見され、ますますロバート卿の行動に疑いがかかる。

 メイソンの依頼を受けたホームズとワトスンは釣客という体で、ショスコムの「グリーン・ドラゴン」を訪れた。そこは、ビアトリスの愛犬が引き取られた場所だった。

ネタバレ

翌朝、ホームズは「グリーン・ドラゴン」でビアトリスの愛犬を借り、その愛犬をビアトリスが乗っている馬車へと放った。愛犬は馬車へ向かった走り、追いついたのだが、驚いたことに、飼い主であるはずのビアトリスに噛み付いてしまう。この様子をみていたホームズは、ビアトリスが本物ではないことに気付きます。

その夜、ホームズとワトスンはメイソンを連れて、納骨堂へと向かった。そこで棺を調べ、ついに女性の死体を発見した。そのとき、ロバート卿が納骨堂に姿を現し、ホームズ達を怒りを露わにするのだが、その後、真相を語り始めるのだった。

真相解説

ロバート卿の妹であるビアトリス・フォールダーは既に病死しており、ロバート卿は妹の死を隠そうとしていました。その理由は、妹が死んでしまうと荘園の権利を失ってしまうからです。

ロバート卿は妹の遺体を納骨堂に隠し、もともと棺に入っていた死体を屋敷で火葬しました。これが、屋敷でみつかった人骨の正体です。そして、使用人のキャリー・エヴァンスにビアトリスのふりをさせました。偽物を使うにあたって、愛犬はビアトリスが偽者であることに気付いてしまうため、屋敷から遠ざけています。

後日談ですが、ロバート卿は競馬で勝ち大金を得ます。警察に逮捕されることもありません。

スポンサーリンク

原作とドラマの違い

 原作とドラマのストーリーは概ね同じです。ドラマではブルーワーという金貸しが失踪したり、グリーン・ドラゴンの亭主の息子が登場したりします。この息子はジョーという名前で、演じているのは当時19歳のジュード・ロウです。映画「シャーロック・ホームズ」でワトスンを演じていたりします。

 なお、ハドソン夫人が10ギニー、ワトスン博士が20ギニー競馬で勝つというのは、ドラマオリジナルのシーンとなっています。

ドラマ

 グラナダ版ドラマは1991年3月7日に放送されました。シーズン5の第3話(48分)となります。

Shoscombe Old Place
項目 内容
シーズン 5
話数 3
放送順 29
長さ 52分
放送日(英) 1991年3月7日(木)
キャスト キャスト一覧

ストーリー

ストーリーは原作小説と同じため省略

ロケ地

ショスコム荘園はPeover Hallという場所が撮影に使われています。

拡大地図を表示することで外観などを確認できます。

感想

妹の死を必死に隠そうとする雇い主、でしたが、その行動が怪しすぎて従業員に心配されるというお話でした。殺人や盗難など、わかりやすい犯罪は起きていませんでしたが、ことの大小に関係なく、何かやましいことがあると、それは様々な形で、異変を表すものだと思ったりもします。

考察

殺人が起きたようで、実際は、何も起きていないという結末です。姉のベアトリスは亡くなっていますが、病死です(姉の正体が明らかになる瞬間が面白いです)。ドラマで妹は顔が出てこないので、明らかに怪しい人物ですが、まさか、騎手志望の青年が、こんな仕事を与えられているとは、思いもよりません。これは、実は男性だった、実は女性だった、みたいなトリックも隠れている気がします。

まとめ

 シャーロック・ホームズの「ショスコム荘」について、原作とドラマのあらすじとネタバレ、感想などをご紹介しました。

  • ロバート・ノーバート卿
    Sir Robert Norberton
    厩舎などの使用権利を失わないようにするため妹の死を隠蔽する。隠蔽工作の際、従業員に姿を目撃され不審に思われてしまう。
  • ベアトリス・フォールダー
    Lady Beatrice Falder
    ロバート卿の妹。実は病死している。死後、使用人がなりすましていた。愛犬は正体に気付くといけないため、遠ざけられた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました