no murder, yes life
ガリレオ

ガリレオ2・心聴る|大島優子【3話・あらすじ・ネタバレ解説・感想】

3.5
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が表示されます

ガリレオ2・ドラマ第3話「心聴(きこえる)」のあらすじ、真相、トリック解説、考察・感想です。第三話は、岸谷の知人が自殺し、その不倫相手である会社社長も自殺するという事件です。死んだ社長は不倫相手に呪われていたようです。

項目 内容
ゲスト 大島優子
松尾諭
放送日 2013/4/29
原作 虚像の道化師 ガリレオ7
原作者 東野圭吾
スポンサーリンク

あらすじ

ベンチャー企業ペンマックスの社長である早見という男が玉川に身を投げ自殺する。社長は社員の白井と不倫しており、白井は早見に別れを切り出されたため自殺していた。早見の自殺は、白井の告別式で早見が『呪いの声』を耳にしたあとの出来事だった。岸谷美砂は捜査のため、ペンマックス社を訪れるが、そこで突然、社員の加山が暴れ出す。その原因もやはり『呪いの声』だった。加山は早見の死後、不審な声を聞くようになる、それは耳栓をしても聞こえてくる声だったという。さらに捜査を続けると、脇坂睦美という社員が耳鳴りに悩まされていることが判明する。

事件概要

白井は岸谷の大学の先輩でした。岸谷は白井の告別式に参列しており、社長の早見が呪いに怯える姿を目撃しています。岸谷の死因は自殺で、早見も自殺です。ペンマックスの社員である加山は呪いの声を聞いて暴走し、岸谷のお尻をカッターナイフで刺しています。一方、脇坂が耳にしているのは声ではなく低い音で、加山の耳にした声とは違うようです。捜査協力を依頼された湯川は指向性のスピーカーを使ったトリックを岸谷に教えますが、加山は耳を塞いでも音が聞こえたと証言しているため、呪いの声の正体はただのスピーカーではないと推理されます。

スポンサーリンク

ネタバレ

謎の声の正体はフレイ効果を利用したテレパシー通信でした。この通信装置を作り、早見と加山に音声、そして、脇坂にノイズを送信していたのはペンマックスのシステムエンジニアである小中行秀でした。

犯人の小中は脇坂のことが好きでした。社長の早見は不倫相手として脇坂に手を出そうとしていたため、それを阻止する目的で、小中は呪いの声を使いました。加山が狙われたのは、脇坂の加山に対する態度に小中が嫉妬したためです。早見と加山は人の声で、脇坂が聞いてたのはノイズのようでしたが、実は脇坂が聞いていたのも人の声でした。それも小中本人の肉声でした。音声は『あなたは小中行秀を愛している』というもので、これを加工し、ノイズのようにしていました。

スポンサーリンク

トリック

特殊な通信装置を使って、相手を自殺に追い込むというトリックでした。早見が自殺した原因は、不倫相手に自殺にあります。犯人は、これを利用し、呪いの声を演出してみせました。この呪いは社内で噂となって広まりました。結果、続いて標的となった加山も、異常な行動をとり、警察官に傷害を負わせるという事件を起こしてしまいました。

サブリミナル効果

犯人が意中の相手に、直接『あなたは小中行秀を愛している』というメッセージを送らず、ノイズのようにしていたのは、相手の潜在意識に訴えるためでした。これは、サブリミナル効果として紹介され、その効果は全くないと、作中で、完全に否定されています。

考察

犯人は、フレイ効果を使ったにしろ、変な声を聞かせて相手を自殺させたので、自殺教唆罪になるのではないかと思います。『自殺の決意を抱かせ、人を自殺させた場合に自殺教唆罪となる』とあり、犯人の行動が被害者の自殺を決意させたのは間違いないように思います。その証拠は告別式での騒動や犯人の自供ではないかと思われます。

マイクロ波聴覚効果

フレイ効果はマイクロ波聴覚効果と呼ばれるようです。パルス波形のマイクロ波を頭部に照射すると、頭の中に含まれる水分が熱膨張し音波が生じ、これが伝わって音が聞こえる、というのが通説です。テレパシー通信とも呼ばれていますが、作中に登場したように、鮮明に人の声が聞こえる装置は実用化されていないようです。

感想

サブリミナル効果といえば刑事コロンボ「意識の下の映像」です。犯人がサブリミナル効果を利用して、標的をおびき出し、銃殺するというエピソードです*1。コロンボの方は映像に、飲み物のコマを入れて、水飲み場に誘い出すという手口でした。このガリレオは音声だったため、聴覚を狙ったサブリミナル効果のようです。ドラマ内では、効果が徹底的に否定されていましたので、効果はないのかもしれません。そして、テレビ放送についてはサブリミナル効果を狙った映像や画像の挿入が禁止されているようです。

*1:物語の冒頭で明らかになることなのでネタバレではありません

あの子を振り向かせたくて

犯人の小中は、好意を抱く女性を振り向かせたくてフレイ効果発生装置を開発したわけです。想いを伝えられないその気持ちはわからなくもないですが、やったことはただのストーカー行為でした。好きな人が自分に対して気がないとわかったら、すぐに次を探した方がいいと、私は思います。

テレパシー

フレイ効果を利用すればテレパシーも夢ではありません。が、ネットを調べても、鮮明なフレーズを送れるという意見と、送れないという意見があり、結局どちらなのかわかりませんでした。ただ、パルス波形を頭に照射すれば、何かしらの音は聞こえるようです。パルスというと脈拍みたいな波形なので、それが音声になるためには、変調しないといけないようです。変調は、違う波形にする、ということですが、つまりパルス波形になった音声を頭の中で、元の音声の波形に戻さないといけないわけなのです、たぶん。その現象は、水分が膨張し…以下略、では説明されていないような気もするわけですが、気のせいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました