no murder, yes life
名探偵ポワロ

ジョニー・ウェイバリー誘拐事件|登場人物・キャスト・ネタバレ【ポワロ03】

3.5
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が表示されます

 「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」のあらすじ、登場人物とキャスト、感想です。誘拐の予告状が届く事件です。

The Adventure of Johnnie Waverly
項目 内容
シーズン 1
エピソード 3
長さ 51分
放送日(英国) 1989年1月22日(日)
放送日(日本) 1990年1月27日(土)
原作者 アガサ・クリスティー
スポンサーリンク

あらすじ

ネタバレ注意

 ウェイバリー家に息子誘拐の予告状が届く。ポワロが調査にあたるが、予告通りに息子のジョニー・ウェイバリーが誘拐されてしまう。

誘拐を企んだのはジョニーの父親マーカス・ウェイバリーだった。マーカスは乳母や執事を共犯にし、金を得るために誘拐を予告していた。予告誘拐によって身代金を手に入れるつもりだったのだがうまくいかず、実際に息子を連れ出すことになる。マーカスは家の修繕に金が必要だった。ところが、ウェイバリー家の財布の紐は妻のエイダが握っており、エイダは家を修繕するつもりがなかった。

登場人物

事件関係者は以下の通りです。レギュラーの登場人物といえるポワロ、ヘイスティングス大尉、ミス・レモン、ジャップ警部は省いております。

名前 キャスト 説明
マーカス・ウェイバリー
Marcus Waverly
ジェフリー・ベイトマン
Geoffrey Bateman
ウェイバリー家の主人
エイダ・ウェイバリー
Ada Waverly
ジュリア・チャンバース
Julia Chambers
マーカスの妻
ジョニー・ウェイバリー
Johnnie Waverly
ドミニク・レージエ
Dominic Rougier
マーカスとエイダの息子
トレッドウェル
Tredwell
パトリック・ジョーダン
Patrick Jordan
執事
ジェシー・ウィザース
Jessie Withers
キャロル・フレイザー
Carol Frazer
ジョニーの乳母
コリンズ
Miss Collins
サンドラ・フリーマン
Sandra Freeman
秘書
ロジャース
Rogers
ロバート・パット
Robert Putt
不審者
ヒューズ
Hughes
パトリック・コナー
Patrick Connor
建築業者
スポンサーリンク

感想

奥さんに財布の紐を握られているので、お金を自由に使えない旦那さんが登場します。家を修繕したいけれど妻の了承が得られないので誘拐予告を出し、実際に息子を誘拐するという(自分の子供を誘拐するというのは意味がわからないですが、誘拐されたようにみせていたということです)。立派なお屋敷で暮らしているので、家もキレイにして、その威厳を保ちたい旦那と、見栄のためにはお金を使いたくない妻(ケチともいう)の揉め事に探偵や刑事達が巻き込まれただけにもみえ、事件らしきものは起きていなかったりもします。

ミステリーとは全く関係ないですが、このエピソードにはイギリスの朝食に期待するポワロが登場します。“イギリスではFull Breakfast(フル・ブレックファスト)とかFull English Breakfast(フル・イングリッシュブレックファスト)”と呼ばれるらしく、写真をみると、パンに目玉焼きなどの卵料理、ベーコン、ソーセージ、大豆のトマト煮などなど、様々な食事が一枚の皿に盛りつけられています。美味しそうです。喫茶店にあるモーニングみたいな印象です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました