no murder, yes life
推理ゲーム

超探偵事件簿レインコード|あらすじ・感想【ネタバレなし】

この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が表示されます

 「超探偵事件簿 レインコード」のあらすじと感想をネタバレなしでご紹介します。レインコードは2023年6月30日にスパイク・チュンソフトから発売されたゲームソフトで、現在はNintendo Switchのみが対応機種となっています。

スポンサーリンク

あらすじ

 ある駅の一室で少年が目を覚ます。記憶喪失に陥ったその少年は持っていた手紙から、自分が“世界探偵機構”に所属する“ユーマ”という名前の探偵であることを知る。どうやら、アマテラス急行でカナイ区へ向かおうとしているようだった。ユーマが急行列車に飛び乗ると、そこには他の探偵達が乗車していた。

 探偵達は、予定よりも何故か一人多かった。体調を崩したユーマは一人でトイレへと向かい、“死に神ちゃん”に出会う。死に神ちゃんいわく、ユーマはある契約を結び、その代償として記憶を失ったのだという。しかし、その契約がどういった内容なのかまでは明らかにならなかった。

 カナイ区に到着したユーマは地元の探偵・ヤコウが経営する事務所に案内され、カナイ区に派遣された他の超探偵達と出会う。ヤコウによれば、ユーマは特殊能力を身に着けた超探偵ではなくただの見習いだった。落ち込むユーマを尻目に、“世界探偵機構”のトップである“ナンバー1”から指令が出される。

スポンサーリンク

システム

レインコードはダンガンロンパのチームが制作したゲームです。細かな違いは多々ありますが、おおまかなシステムは“ダンガンロンパシリーズ”と似ています。他に例を挙げるとするならば“逆転裁判シリーズ”のようなゲームといえます。基本的に『3Dフィールド内探索・事件発生→調査→推理・事件解決』という流れです。

探偵特殊能力

探偵特殊能力という超能力を使って捜査します。この能力をもつ探偵は超探偵と呼ばれます。

スポンサーリンク

感想

プレイ中、恥ずかしながらイラついたりもしましたが(ロードとか)、クリア後の満足度は高く、次回作を期待してしまうほどでした。こういうゲームが好きなので、なんだかんだ言って購入するパターンですが、これは誰かにオススメできるゲームだったと思っています。

記憶喪失の主人公が登場して「ファミコン探偵俱楽部かよ」と思ったりもしました。ミステリーゲームの定番設定なんでしょうか。ちなみに、ファミ探は現実世界を舞台にしていましたが、こちらは、いわゆる特殊設定ミステリーという分類になります。

ストーリー

面白かったです。棒読みかよとツッコミたくなる感想ですが、正直なところ、これは人それぞれです。「最初に読んだ推理小説が一番面白い」という名言の通り、様々なミステリー作品に触れていると、新鮮さというのは失われていきます。そうなってくると、キャラや雰囲気を好きになれるかどうかというのが重要なポイントになります(私は好みでした)。

難易度

アクションや謎解きの難易度はダンガンロンパや逆転裁判よりも易しいです。物足りないと感じる人もいるかもしれませんが、私はサクサク進めることができたので、ストレスフリーで楽しめました。バリバリ解けるので、俺って名探偵かも!と勘違いすることもできます(難易度が低いだけ)。

やり込み要素

裏ボス(隠しボス)的な存在はおらず、クリア後のやり込み要素というのはあまりありません。おそらく、何年か経って内容を忘れた頃に、もう一度やりたくなるタイプのゲームではないかと思います。

まとめ

 「超探偵事件簿 レインコード」のあらすじや感想をネタバレなしでご紹介しました。このゲームは株式会社スパイク・チュンソフトの規約により、プレイ動画の配信が制限されています。詳しくは下記のリンクをご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました